◎カラーバターのメリット。
1.植物が原料
2.使い方が簡単
3.においがしないなど

お申し込みはこちら

カラーバター


髪を染めるものとして、体に優しい素材で作られている「ヘナ」が最近流行っていますよね。科学物質が入っていないから、肌が荒れたりしないとか・・。


ただ、どうしても植物アレルギーの人はアレルギー反応が出てしまうかもしれないんですけどね・・。


カラーバターは、そんな人気のヘナよりもキレイで自然な仕上がりが実現。
とにかく色の明るさよりも髪のダメージが気になってしょうがない!という人にオススメです。


カラーバターもヘナと同じように植物が原料です。あの独特の嫌な匂いがしないし、髪が痛むどころかツヤツヤしてきた!という声も。トリートメント効果が高いというところが魅力的ですよね。

カラーバターの使用方法

カラーバターの使用方法はとっても簡単。シャンプーした後、タオルドライします。カラーバターを髪に塗布します。加温15分、その後クーリング5分。


シャンプーをしてトリートメントをします。
カラーバリエーションも非常に豊富で20種類弱あります。
しかも!色のブレンドも可能!


たとえば「ライトブラウンにオレンジを混ぜる」というように絵の具感覚?!
使用方法の「加温」ですが、簡単です。


美容院でやるように、頭にラップを巻いて放置。
染まりにくい人はその上からドライヤーで軽く温風を当ててもいいかも。
「クーリング」とは、ラップを外してこもった熱を逃がせばOKです。


カラーバターの使用感


実際に使用した感想は、「くさくない」、「髪がサラサラになる」、「ブリーチした後に使用したらキレイに発色」、「これなら髪を傷めずに伸ばせそう!」などでしょうか。


ただし、良い感想ばかりではありません。カラーバターの弱点としては「色落ちするのが早い」「シャンプーのたびに落ちる」など。


しかし、トリートメント効果があるので頻繁にカラーバターを塗布しても大丈夫だと感じています。
髪の状態が良いので、週1ペースでカラーバターを愛用している人もいましたよ。

ちなみに髪が真っ黒な人には色が入りませんので、あしからず。

カラーバターの効果のまとめ

◎カラーバターのメリット。
1.植物が原料
2.使い方が簡単
3.においがしないなど

お申し込みはこちら