ナイアードの白髪染めの特徴
1.自然素材へのこだわり
2.種類が豊富
3.トリートメント効果も期待できるハーブ(10種類)配合

お申し込みはこちら

ナイアードのヘナ

ナイアードの商品をご存知でしょうか?自然素材にこだわり、その地域に昔から伝わる伝統的なものを生かしつつ、商品の開発をしています。古き良き物に現代の技術もプラスしていく・・。

まさに「いいとこどり」の商品を開発し、販売しているのがナイアードだと言えます。ナイアードの素材や製法は、それこそ世界中を飛び回って探してきた!って感じがします。


「ヘナ」だけでも、大青をプラスしたイランのヘナ、インドのヘナ100%、10種類のハーブを加えた同じくインドのヘナ。モロッコのガスール、シリアのダフネ石鹸、ネパールのビーワックスリップクリーム。


ね?世界から探してきました!って感じがするでしょ?その中でもナイアードの代表製品とも言える「ヘナ」をご紹介したいと思います。ヘナとはハーブのことです。


昔からインドや中近東で多く栽培されてきましたが、現在はインドが最も大きな産地となっています。ヘナはヨーロッパで早くからトリートメントとして、ヘアカラー剤として愛用されていました。


私もヘアカラー剤は、10年以上定期的に使用していますが「身近にあるもっとも危険な化学物質」と言われているそうですね!知らなかったとは言え、ちょっと背筋がヒヤッとしました。

これだけ茶髪がブームというか、染めることが当たり前のようになってきていますが、そんなに危険な物質なんですね・・知らないって怖ろしいですね・・。

ナイアードのヘナの安全性

しかし、その点「ヘナ」は安心して使用ができる・・とのこと。でも「ヘナ」にもいろいろなメーカーがいろいろな種類を発売しています。中には「ヘナ配合」と言っておきながら化学物質を入れていたり。

しかし、薬事法の改正により、安全に利用できるようになりました。ナイアードのヘナは2001年には化粧品として販売しているそうです。


市販の白髪染めでは、頭や生え際がかぶれてしまう・・。
アレルギーを起こしてしまう・・。
という人は1度ナイアードのヘナを試してみて下さい。
もちろん100%の人にアレルギー反応やかぶれがないとは言い切れません。


それでも、化学物質を大量に使用しているカラーリング剤や白髪染め剤に比べたら、身体に悪い物は入っていないはずです。それだけは断言できます。植物そのものにアレルギーを起こしてしまう人はご注意下さい。


ナイアードのヘナはオレンジ、赤褐色、黒茶系の3色展開です。初めての方や髪の毛が短い人には100グラムサイズをオススメします。髪が長い方、多い方、頻繁に使う方には400グラムサイズをオススメします。


ヘナ100%、ヘナに10種のハーブ入り、ヘナと木藍の3タイプあります。オススメはヘナと10種のハーブでしょうか。トリートメント効果が最も強いタイプだからです。


10種のハーブ入りのカラーは、オレンジ~赤褐色になります。

ナイアードのヘナの効果のまとめ

ナイアードの白髪染めの特徴
1.自然素材へのこだわり
2.種類が豊富
3.トリートメント効果も期待できるハーブ(10種類)配合

お申し込みはこちら